創立以来35年、「確実な物造り」を理念に、妥協のない製品技術を追求し、油空圧機器を製作してまいりました。

 そして現在でも、当社の物造りに対する情熱は衰えることなく製品に生かされています。

 製品の安全性、機能性、経済性を考慮しお客様によりベストな提案を出来るように、
さらなる発展を目指しております。

 今、社会は21世紀となり、工業界は再編・統合が進み、日々変化する油空圧市場。
こうのような時代の中で、さらなるコストダウン・納期短縮・フレキシブルな対応が求められています。
こうした状況に対応するため、これまで培ってきた豊富な技術、経験を最大限活かし、「確実な物造り」に
一層努力してまいります。

 今後とも、一層のご支援をいただきますようお願い申し上げます。

                                                 代表取締役 浅川 久雄

社  名  浅川油圧工業株式会社
代表取締役  浅川 久雄
所在地  〒334-0013
 埼玉県鳩ヶ谷市南3−26−15(地図
 代表電話 048−284−7800
 ファックス 048−281−1763
創立  昭和43年10月1日
資本金  1000万円
従業員数  10人
取引銀行  三井住友銀行 千住支店
 城北信用金庫 朝日町支店
事業内容  ・各種水門用油圧装置
 ・ラバーダム用空圧装置
 ・橋梁用各種油圧装置
 ・油圧バケット用油圧装置
 ・加熱・冷却プレス装置
 ・電気炉用油圧装置
 ・防爆型油圧装置
 ・油圧シリンダー製作
 ・マニフォールドブロック加工
 ・特殊用途・高圧油圧装置
 ・各種油圧装置 修理・改造・定期検査・オーバーホール・メンテナンス
 ・各種油空圧機器周辺装置販売・取付。油圧作動油販売
 ・油圧機器レンタル(ユニット・ジャッキ)

工場及び二階事務所

主な製作品

← 油圧バケット用ユニット
写真では、既設ユニットのオーバーホールを行っています。
既設ベースはそのままに、モータ・ポンプ・電磁弁を交換し
テスト、塗装後出荷しています。

→ 油圧ゲート用ユニット
門扉開閉用の油圧ユニットです。
電気操作盤一体型のユニットで、
圧力スイッチによる停止も可能としています。
また
停電時には、手動ポンプにより開閉が可能です。

← 油圧ゲート用ユニット
門扉開閉用の油圧エンジンユニットです。
電気が無い環境でも使用できる様に
設計されています。
操作面は扉式とし、
操作性を向上させています。

→ 油圧バルブスタンド
ユニットが遠方にあり、操作が困難な場合等に操作装置を
ワーク側へ移動させる事により、利便性が図れます。
また、油圧ユニットの騒音等にも煩わせられる事がありません。

← 油圧バケット用ユニット
マニフォールドブロックを効率的に活用し
配管部を極力減らす事により、メンテナンス
や交換時のコスト・時間が大幅に低減されます。

→ 橋梁用油圧ユニット
橋梁上は限られたスペースしか空いていないので
機器を小さくまとめる事が要求されます。
小型高圧となりますと、発熱の問題が出て参ります。
当社ではクーラー等を有効に活用し、
発熱量の低減を図ってまいりました。

← 土木用油圧ユニット
長年使用されたユニットはタンク内にゴミ、グリス
水垢等が蓄積し、性能を低下させます。
写真ではユニット内部の洗浄も行い
ゴムカップリングの交換を行った所です。

→ 紙プレス用油圧ユニット
写真の様に、
タンク・機器・電機操作盤をユニット内部に
集約し、省スペース化が図れます。

↑ 製作品の一例です。